インスタで投稿した写真の解説20220105

インスタで投稿した写真の解説20220105

ちょこちょこ溜まってきたので、このシリーズも追加していこうと思います!

前回の記事はこちら

対象の投稿

今回対象となる投稿は複数あります。

全て同じロケーションで、機材も同じです。

ロケーションは横浜みなとみらい 象の鼻パークです。

機材

機材は最近購入したばかりの

フジフィルム X-S10

by カエレバ

レンズは二種類使い分けてて、単焦点レンズ一本とズームレンズ一本です。

1.Viltrox 33mm F1.4

by カエレバ

2.Fujifilm XF16-55mm F2.8

by カエレバ

三脚は使っていません。

安いストロボとソフトボックス、ライトスタンドを使用してライティングしています。

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

撮り方

ロケ地が暖色系の灯りが多かったので、変にMIX光になっちゃうと浮いてしまわないよう、

ストロボに黄色系のカラーフィルタを付けて発光させています。

キラキラとした夜景を少し多めにボカシたかったのでF値は開放で。

シャッタースピードは程よくストロボを受けるギリギリの遅さに。(SSが遅すぎてもストロボが効かなくなる)

それでも暗いのでISOは高目の3200(単焦点)〜6400(ズーム)で調整しました。

あとで現像の時にノイズ除去すればいいかなってw

そしてフジフィルム機にはフィルムシミュレーションがあるのですが

この日の撮影はクラシッククローム、クラシックネガを中心に使いました。

夜撮影のこだわり

これは完全に私のこだわりなので、正解とか不正解とかでは無いです。

というのも、夜撮影には3パターンあります。

1.ストロボを使ってちゃんとライティングをする

2.街頭などで被写体をしっかり照らせる場所を使って撮る

3.長秒露光で被写体にだけ光を当てて撮る

私は3が好きではありません😂

むしろ、構図や背景選びがとても良くても、長秒露光(シャッタースピードを30秒とか長くして撮る方法)で被写体にライトを当てる撮り方だと

「あ〜あ、もったいない」

と思ってしまいます。

繰り返しますが不正解なわけでも駄目なわけでもありません。

私個人的に嫌いな撮り方なだけです笑

あれがカッコいい!っていう人も居るんですが、当然正解でも不正解でもありません。好みの問題です。

なぜ嫌いかというと、単純にとても不自然だと感じてしまうのです。

被写体にだけ光の向きが360度あたってるってすごい違和感ですし、バイクの真下(地面)も真っ白に照らされて変な浮き方に感じてしまうんですよね。

シャッタースピードも数十秒とかになりますから撮影のテンポも悪いですし、しっかりライティングできるならそのほうが良いかなって思ってます。

プロの写真ではやはりストロボライティングが当たり前ですし、長秒露光でLEDライト当てて〜なんてやってるプロはほとんど居ないです。

そういう、ストロボライティングがバッチリ決まってる写真ってめちゃくちゃカッコいいので、いつもいつもストロボライティングの動画を漁って勉強してますw

まとめ

今回は複数投稿を一つの記事にしてしまいましたが、撮り方とかの解説はこんな感じです。

実はこの撮影の時に長いこと使ってきた安物ストロボが壊れてしまったので

コレを期にまた新しいストロボを買おうかなと画策していますw

というわけで短いですが、今回はこのへんで!

では!



OFUSEで応援を送る

ブログ村に参加中です!
よろしければ応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 関東バイクライフへ
にほんブログ村

バイクランキング

バイク用品&インプレッションウェビック